スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞファシズム

ヘイト団体デモ「市民の力で食い止めた」 路上で「解散」声上げ

           ヨーゼフ・ゲッペルス

 在日コリアンらの排除デモを繰り返していたとされる団体が川崎市中原区で五日に計画していたデモの中止。これまで「差別をやめろ」などと抗議や反対の声を上げ続けてきた人々からは「市民の力が差別行為を食い止めた」と喜びの声があがった。 (横井武昭)
 この日午前、同区の中原平和公園前の道路では、国旗などを掲げてデモを行おうとする団体を、大勢の反対する市民らが取り囲んだ。「あらゆる場所で差別にNOを」「いつまでも共にこの街で」など、さまざまなプラカードを掲げ、「デモ解散」「帰れ」と声を上げた。路上に座り込んで、デモが進むのを防ごうとする人々もいた。
 県警幹部によると、危険や混乱の防止の観点から県警がデモの主催側に中止を助言。午前十一時半過ぎに警察官が「中止になった」とマイクで告げると、市民らから拍手が起きた。
 現場には「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」のほか、多くの市民が駆けつけた。横浜市の女性会社員(36)は「(ヘイトスピーチ)対策法ができてもデモが許可され、民衆が黙っているとやりたい放題になってしまう。子どもたちのためにも大人が阻止しないといけない」と語った。
 中止後、集まった人々を前に在日コリアン三世の崔江以子(チェカンイジャ)さんがマイクを握った。「一月にあったデモの『絶望』が今日、『希望』で上書きされた」。差別のない社会を体現するために集まった一人一人の顔を見つめ、涙が抑えきれなかった。崔さんの中学生の長男が「ヘイトスピーチを根絶するようにこれからもがんばりましょう」と語ると、ひときわ大きな拍手が起きた。
 在日一世の趙良葉(チョウヤンヨプ)さん(79)も「ほっとした。表現の自由といっても、『死ね』『殺せ』と人間を虫けらのように言ってはいけない。心の中に傷ができて治らないんです」と訴えた。
 ネットワークの三浦知人事務局長は「ヘイトスピーチの具体的な解決は地域社会の中で行わなければならない。これからが出発点だ」と力を込めた。
 市民団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんは「(今回のデモは)法律や民主主義に対する挑戦だった。ここを止めなかったら全国に飛び火する。だから、どんなことがあっても止めようと思っていた。国籍を超えた多くの人たちの良心はこんなにも大きかったんだとあらためて思った」と意義を語った

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201606/CK2016060602000173.html

 きちんと許可を得た合法デモを非合法の「市民」とやらが潰したか。これは悪しき前例作ったし、全国に波及するかもな。神奈川県警の売国マッポは後のこと考えたんかなあ。将来流血は避けられんぞ。無理を通して道理を退けたんだからな。

 そういえばこのカウンター(笑)にはヨシフ有田ポローリンも加わってデモを妨害したらしいな。公金で禄を食む身で国民の権利侵害か。

                 有田シットイン

 国家権力者が国民の権利を侵す現状こそ正しくファシズムだ。それも在コと結託してんだから外患誘致罪で死刑相当だろ。
スポンサーサイト

オバカダラ

憲法9条を論点に参院選を戦う 岡田代表

2016年06月01日 08:05

                岡田日本を差し上げたい

 民進党はじめ日本共産党、社会民主党、生活の党が31日、衆院に提出した安倍内閣不信任案は本会議で自民、公明、おおさか維新の会ら賛成多数で否決された。内閣不信任案否決は当初から予想されていただけに、関心は、夏の参院選での戦いに移りつつある。

 民進党の岡田克也代表は内閣不信任案が否決されて後の記者団の質問に、安倍晋三総理が消費税引き上げ延期の際に行った公約(消費税は2017年4月に必ず引き上げる。また引き上げられる経済環境をつくる)が果たされていないことは否めないと指摘し「誰が見ても、安倍内閣を信認出来ないと思うが、(不信任案を否決する)結果が出たので、これを受け入れざるを得ない」と語った。

 そのうえで、岡田代表は「安倍総理の経済失政は誰がみても明らか。また、昨年の安保法制(強行採決での成立)に続き、今度は憲法改正だが、侵略戦争をしないことが平和主義とする先般の党首討論での安倍総理の答えからして(安倍総理が目指す憲法は)普通の国の憲法と変わらない。これが平和主義というのには恐れ入る」と呆れ果てた口調で指摘。「ここは、参院選挙でもしっかり議論していかなければいけない問題だ」と参院選挙で自民党との違いを鮮明にしていきたい姿勢をみせた。

 岡田代表は「特に、憲法9条(戦争の放棄)の改正について、これを論点として戦っていきたい」と自民党の立ち位置と明らかに違う点を争点に戦う考えを示した。(編集担当:森高龍二)


http://economic.jp/?p=62342

 内政、経済、外交で勝負出来ないからって、今更護憲かよ。ソレよりも「消えた年金」はどうした?アレで一度は参院で過半数を獲ったろ。もう一度政局にしたらどうだ?あ、アレは民進党(旧民主党)の支持団体の自治労がやらかした「年金を消した」だったな。もう使えんか。

 それにしても、国会は立法府なんだよな。そこの議員が護憲を謳うのは、逆に言えば職務怠慢だぞ。憲法を含め全ての法案は時の情勢に合ったものに変えていかねばならないのに、それも9条を持ち出して政局に据えようなんぞ到底許されんわ。


本当に不都合な真実

沖縄で高まる反米感情 「米軍の犯罪率は少ない」という冷静な目も必要

2016.05.21

沖縄の反米感情が、高まっている。

沖縄県うるま市の女性会社員の遺体が見つかり、元米海兵隊員で米軍属の男が死体遺棄の容疑で逮捕された事件。

女性団体「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の代表らは20日、県庁で記者会見し、戦後、繰り返されてきた米軍関係者による犯罪に対して、怒りの声を上げた。テレビでは、「やっぱり基地はない方がいい」などという県民のコメントが紹介されている。


アメリカ人の子供が乗るスクールバスを取り囲む人々

沖縄在住の男性によると、現在、沖縄には、米軍基地の撤退を求める日本人が全国から集まり始めている。そして、アメリカ人の子供が乗ったスクールバスを囲んだり、米軍や軍属、その家族の車両であることを示す「Yナンバー」の車を止めて威嚇するなどして、大混乱に陥っているという。

このような事件を起こした犯人は、一生をかけて罪を償う必要があるだろう。今回、若くして亡くなった、女性の冥福をお祈りしたい。


「米海兵隊の犯罪率は低い」という数値

沖縄でこのような事件が起きると、「沖縄に米軍基地があるせいだ」という感情論が幅を利かせるが、ある興味深いデータがある。

このほど発刊された、東日本大震災のトモダチ作戦の立案に携わった、元在沖海兵隊幹部のロバート・D・エルドリッヂ氏と、幸福実現党・釈量子党首の対談本『一緒に考えよう! 沖縄』の中で、エルドリッヂ氏は「海兵隊の犯罪率は、実は低い」と指摘している。

「2014年では、沖縄の刑法犯の人口比率が0.24%であるのに対し、米軍関係者の刑法犯の人口比率は0.05%です。ですから、むしろ、米軍関係者の人口を増やせば、沖縄県の犯罪率を減らせるということになります」(エルドリッチ氏)

さらに、エルドリッヂ氏によると、海兵隊が罪を犯したときの刑罰は、日本の刑罰よりも厳しい。たとえば、強姦なら日本では懲役20年だが、米軍では死刑、もしくは終身刑になるという。

米軍関係者の犯罪率は相対的に低い上に、日本以上に厳しい刑罰があるのであれば、「在日米軍がいると、犯罪が増える」という指摘は間違いだ。

こうした事実を無視して、米軍人やアメリカ人に罵声を浴びせることは、「ヘイトスピーチ」や「人種差別」にあたるのではないか


感情的な「米軍撤退論」に要注意

警察官の不祥事があったからと言って、「警察を失くせ」ということにはならないのと同じように、米兵の犯罪などのマイナス面ばかりに注目して、大局を見失ってはいけない。

現在、中国は、国営メディアを使って、「中国の明と清の時代には、沖縄は中国の属国だった」という沖縄領有論を展開している。沖縄の侵略を狙っているため、沖縄に米軍が駐留していることが、中国などに対する抑止力となるのだ。

中国や北朝鮮がミサイルなどで日本を脅している中で、もし、沖縄から米軍を撤退させたら、日本はすべて自力で防衛体制を築かなければいけなくなる。しかし、そうした体制はすぐにつくれるわけではない。

逆に、沖縄から米軍が退いて、中国軍がなだれ込んできたりしたら、それこそ、沖縄で、悲惨な事件があちこちで起きることは想像に難くない。

今回のような米軍関係者の犯罪に対して、しっかりと対処する一方で、こうした事件があったからといって、「やはり基地はない方がいい」という感情論に走ると、国そのものが危なくなる。
(小林真由美)


http://the-liberty.com/article.php?item_id=11348

 ほんにこれ。日本国内での米兵の犯罪発生率は以下の通り。
          米軍犯罪率
何とうちなんちゅよりも低いのが分かる。と言うか、何だこの特亜の犯罪率の高さは。人口比率で換算したら、一ヶ月に何件の特亜犯罪が起きてるんだよ。マスゴミは完全に「報道しない自由」を行使しまくりだな。

 当ブログでも度々取り上げているが、米軍基地の周辺で反基地の叫ぶ輩の殆んどが、内地からのプロ専従ばっかりだ。何でも日当がでるらしい。更に業者にプラカードや横断幕まで作らせて、そのタニマチは何処の誰やろうね?


簡体字デモ
               反オスプレイデモ】工作員
               反オスプレイデモ3

 日頃から反戦人権訴えながら、偏向報道のマスゴミと、これまた米軍兵士やその家族に中指立てて罵声を浴びせ、基地容認派の沖縄県民には脅迫まがいの行為に及ぶプロ市民=左翼=パヨク。
          テキサス親父 ヘイトスピーチ


こいつ等の暗躍が実を結んだ時、沖縄はチベットと化すだろう。

赤い帝国の呆れた実態

文革に「一切触れるな」党通達 中国黙殺

 【北京=矢板明夫】中国の社会、文化に壊滅的打撃を与えた政治運動、文化大革命は16日、開始から50年を迎えた。重大な歴史事件の節目に記念イベントを開催することが多い中国だが、この日、文革と関連する公式行事は全くなかった。欧米や日本のメディアが検証記事や特集を相次いで掲載するなか、共産党の機関紙、人民日報など中国の主要メディアは完全に黙殺した。ある雑誌編集者は「文革に一切触れるなという党宣伝部からの通達があった」と明らかにした。

 北京の人権活動家によれば、4月から5月にかけて、複数の改革派老幹部の誕生日パーティーが予定されていたが、治安当局がレストランなどに圧力をかけ中止になった。いずれも文革中に迫害を受けた人で、当局はパーティーという名目で大勢の反文革派が集まり、政府を批判する集会になることを警戒したようだ。また、広東省スワトー市にある文革博物館も4月下旬から閉鎖された。インターネットでは、「文革の精算は終わっていない」「政府は被害者に公式謝罪すべきだ」などと投稿された文革批判の書き込みは次々と削除されていった。

 一方で、当局は文革を懐かしむ左派の活動に対し比較的に寛容な態度を取っている。遼寧省大連市で14日、保守系政治団体が主導するデモ行進が行われ、少なくとも数千人が参加した。毛沢東の写真や語録を掲げ、文革で流行した毛や共産党を称賛する「紅歌」が次々と歌われた。

 今の中国で、文革についての評価は党の掲げる否定論ではまとめきれない。文革を徹底的に批判し、習近平政権下で個人崇拝など、文革当時の同じ現象が復活しつつあることを警戒する改革派と、文革時代を肯定する保守派が対立している。改革派には知識人が多く、保守派は高度経済成長に取り残された貧しい層が多いという。

 習政権は保守派を暗に支持しながらも、双方の対立深化による政治的混乱を避けようとしている。ある改革派知識人は「文革は共産党にとっての大きな負の遺産である、くさいものにふたをしなければならないという理由で、今の政権は文革を封印した」と語った。


http://www.sankei.com/world/news/160517/wor1605170001-n1.html

 文革への評価も様々だなあ、あの赤い帝国は。統一した認識や見解も無いまま日本に対して「正しい歴史認識」を要求してくるんだから噴飯ものだ。

 文革とは、毛沢東の号令で始まり、約十年間で2000万人以上が通常ではない死に方をした、現代中国最大の悲劇だろ。その毛沢東を国父として遺体を保存し、尚且つ被害者や遺族に十分な補償もせずに頬かむりなんだから呆れる。そんな連中に靖国参拝をとやかく言う資格は無い。


                 支那中華罪人


何かと痛い面々

憲法9条、ノーベル平和賞にノミネート 3年連続

朝日新聞デジタル 5月10日(火)17時50分配信

          クタバレ九条

 「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会(事務局・相模原市)は10日、「戦争放棄を定める憲法9条を保持している日本国民」が今年も同賞候補にノミネートされたと発表した。ノルウェーのノーベル委員会から連絡があったという。ノミネートは3年連続3回目。過去2回とも受賞には至らなかった。

 実行委によると、推薦人は超党派の国会議員、大学教授ら181人で、署名は10日までに71万961人。共同代表の1人、石垣義昭さんはこの1年間を振り返り、「安保法制に反対する学生など多くの人が声を上げた。これまでにない意識の高まり、深まりがある」と受賞に期待する。

 提唱者の鷹巣直美さんは「(母親のグループによる活動を通じて)戦争をしてほしくないと願う子育て中のお母さんとたくさん出会うようになった」と話した。

朝日新聞社


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000060-asahi-soci


(ノ∀`)アチャー
 ノーベル賞さえ受賞すればええって、何処かの半島南部落の【ノーベル症】と一緒だな。金で会見をセッティングして受賞した某酋長みたいにみっともないな。受賞の既成事実さえ作れば改憲は阻止できると思ってるんなら、ホンマモンのキチガイだよ。

 実際、この賞を受賞したアウンサン・スーチーはその後何年間自宅軟禁されたかなあ?中国の劉氏は今頃どうしてるだろう?実際にノーベル平和賞こそが左翼にとって都合が悪すぎる賞なのが分からないんかねえ。

 もっと言えば、この腐れ九条が受賞したなら、その手柄はGHQってことになっちまうぞ、いいのか?

 をっと、こんなバカ左翼を病室に戻そうと頼もしい連中が来てくれたwww。


イエローピーポー隊

プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。